資産形成の心理的負担を軽くする方法

 

こんにちは。

ここのところ日経平均、新興市場ともにかなり不安定になっています。

きょうは資産形成の心理について書きたいと思います。

 

知識として、株は上がり下がりをするものだと理解している方は、たくさんおられると思います。
日数的な長さはわからないですが、上がり続けることも無ければ、下がり続けることも無いんですよね。
私もわかっている一人です。

ですが、資産形成途中に、リーマンショックのような大きな下げに見舞われ、なかなか上昇基調にならないと不安でたまらなくなります。
「もう二度と上がらないんじゃないか。」とか「どこまでいけば下げ止まるんだ??」なんて、考え込んでしまいます。

もし、資金にもメンタルにも余裕があれば買い下がりできるのですが、多くの方はそうではありません。

ではどのように備えれば良いのかというと、一括投資ではなく積立投資で、決めたファンドに機械的に積み立てていきます。
それでもそのファンドの基準価格が下がれば、積み立てた額よりも運用額が下がりますから、内心はざわつきます。
そのストレスが絶対に嫌なら投資はしないほうが良いかもしれませんが、下がったときの理解で少し救われます。

それは、前よりたくさん買えてることを、理解するんです。

資産形成の成績は持っている口数や株数でかわるものです。
積立投資をスタートするときに、「できるだけたくさん買う。」と決めます。

これで内心ざわつかないかというとそんなことはないでしょうが、この考え方はとても大切です。

私のまわりに準富裕層(資産5,000万~1億)の方々がおられます。
もしかしたら富裕層(1億以上)になられているかもしれません。
ではどのような方々でしょうか。
全然特別な人ではありませんし、多額の資産を相続されたわけでもなく、早くからコツコツと積立投資をされている方です。

その方々に共通することと言えば、基準価格が下落してもコツコツ積み立てることを止めなかったことと、お金に関する勉強は多少なりともされていることです。

そして、下がったときに積立金額を少し増やされています。
これはかなり勇気のいることですが実行されているんですね。凄いです。

なぜ、そんなところで増やすことができるのか、まだまだ何年も低迷するかもしれないのに。
それは、投資の成績は量を買うことと深く理解しているからなんです。

金利がここまで悪くならない時代から、元本保証の商品と兼ね合いを考えながらひたすらコツコツ。

そして、コツコツ積み立てていくのは心理的負担もかなり軽いのです。

もし100万円貯めてから一括で投資をすると、とてもがんばった100万円なので損をすることにとても臆病になります。

 

日経225のインデックスファンドで一括と積立を比較してみました。

 

このデータは税金やコストは考えていません。基準価格のみで作成しました。

一括も積立も元本は100万円です。
続けて運用していたら一括のほうが勝っています。それははじめてから数年間上昇基調だったからですね。

青のラインが一括ですが172万円まで上昇したものが73万円まで下落してしまったら、心理的ストレスはかなり大きいのではないでしょうか。赤の矢印です。

そこで追加できる人はかなり少ないと思います。多分ひたすら100万円に戻るのを待ちます。

 

ところが積立投資で「安くなったらたくさん買える」としっかり理解してスタートしていると、心理的ストレスが軽減されます。
(ざわつかないことはないですよ。)
もともと長期的に考えて始めているので、時間的余裕もあります。
一括投資でも時間的余裕はあるのに、それが抜けてしまうんですね。
そして、積み立ての方が、投資元本に戻ってきたとき運用を止めてしまう方は圧倒的に少ないです。
(経験値です)

ストレスが高いと、チャートの中にある「やれやれ売り」が発生してしまうんですね。

すると、長期的にみると増やせたかもしれないのに、その機会を失くしてしまうかもしれません。
もともと長期運用で増やす目的だったのに増やせなかったことになります。
勿体ないですよね。

未来はわからないので、もしかしたら再び下がるかもしれませんが、積立でとても先を見ていると、そのような対処ができるようになります。
このことをしっかり理解されて積立投資をスタートされてはいかがでしょう。

毎月決まった金額を機械的にコツコツ積み立てていくことを、ドルコスト平均法といいます。

ドルコスト平均法は庶民の味方です。もちろんリスクは0ではありません。

少しずつ資産を積み上げていきましょう。

 

これを書きながら、自分にも言い聞かせています。

資産形成の成績はたくさん持つこと

 

最後までありがとうございました。

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です